サッシから取り外さずない簡単な網戸掃除で綺麗な状態を保とう

大まかな汚れは掃除機をかけて網戸やサッシ枠の汚れを取り除く

網戸のメンテナンスのために、わざわざサッシから取り外して大掛かりな掃除をするのも手間です。

しかし、そのままの状態でも簡単に、工夫次第で十分に綺麗にしていくことができます。常に外気に晒され続けた網戸は排気ガスや花粉、砂ぼこりや小さな虫などで、軽く触れただけで指が黒くなってしまうほどネットが汚れ、網目が詰まってしまいます。

こうした汚れを放置していると室内の空気が汚染され、アレルギーの原因になる危険性もありますから、網戸の掃除は黒さが目立ってきたら放置をせずに、定期的に行うようにしましょう。

まずは大きな汚れを除去するため、クリーナーや水を使う前に掃除機を利用して吸い出しておくのがおすすめです。掃除機のノズルの先に、隙間掃除用のブラシ状ヘッドを取り付けます。また、網戸にブラシを当ててそのまま吸い込ませるよりも、ノズルへ吸収されていく空気を逃がさないように、網戸の反対側に新聞紙を貼ってから行うことで効率を上げることが可能です。

そのまま左から右、上から下と一定方向にノズルを滑らせながら掃除をしていきますが、吸い込むパワーが強すぎると網戸が伸びて緩んでしまう原因になりますので、ゆっくりと丁寧に吸わせるようにしてください。

全面完了したら、サッシ枠とサッシ周辺に溜まりがちな砂埃も同じく吸っていきます。

網戸用クリーナーを買うのがもったいないなら床掃除シートを使おう

掃除機で大まかな網戸の汚れを除去し終わったら、次に拭き掃除をしていきます。この際に、塗らした雑巾を使っても綺麗にすることができますが、わざわざバケツに水を汲んで何度も濡らしながら拭いていくよりも手間がかからない方法として、お掃除シートを利用するのがおすすめです。

わざわざ網戸用のものを購入するのがもったいなければ、普段リビング掃除で使っている床用ウェットシートで代用しましょう。

フローリングをケアするアイテムは皮脂や油分を落としつつ、同時に除菌、殺菌効果も得られます。爽やかな香りがついているものもあって、網戸を掃除した後もとても快適です。部屋のあちこちのメンテナンスに使える上に非常にリーズナブル、ホームセンターなどで大量に入ったものが売られています。

床掃除を行う場合にはシートをワイパーに取り付けて使用しますが、網戸へはそのまま手にとって2つ折りから3つ折りにして拭いていくのみです。ある程度厚みがあるので、多少力を入れても破れることはありません。

また、雑巾と違って、使っている布によって繊維が網戸の目に詰まって汚れてしまうという心配もないのがメリットです。真っ黒な汚れがシートにつかなくなるまで、網戸の表と裏両方とサッシをケアしていきましょう。

余裕がある時の網戸掃除には洗剤と柔軟剤でのメンテナンスもおすすめ

網戸掃除に少し時間をかけることができる時には、掃除機で大きなゴミを取った後に洗剤とスポンジを使ってより入念にケアをしていきましょう。

この際も、家に常備している掃除用、台所用のスポンジや、洗濯用洗剤、そして柔軟剤で十分に綺麗にしていけますので、網戸掃除用の道具を買い揃える必要はありません。また、やはりサッシから取り外さずにメンテナンスをしていくことができます。

まずはタオルや新聞紙を敷いて、床が濡れることを防ぎます。次に洗剤を溶いた水にスポンジを含ませて網戸を拭いて汚れを除去、乾いたタオルで簡単に拭ってから、今度は柔軟剤を混ぜた水を含んだスポンジで網戸を拭いてください。

洗剤のみでも十分に綺麗にすることができますが、柔軟剤には静電気を予防する成分が配合されていることから、網戸掃除の仕上げに使用することで埃や花粉の付着を軽減させる効果を期待できるというメリットがあります。

最後にカビの原因にならないように、網戸とサッシの水分を十分に拭って完了です。ケアをした後に網戸がすぐに乾かせるように、また、せっかく綺麗にした後にあっという間に汚れてしまわないように、水や洗剤を使った掃除は風が弱い晴天の日に実行することをおすすめします。